晴耕雨読


by yuuhou-ank
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

提出日

  提出日が来ました。

ようやく、書く気になり筆をとりました。

漢字臨書。 随意。 かな半紙。 選択〔私目は、かな臨書と、かな半切)

もう、四月。半年? いやいや九ヶ月あまり書かないで過ごし。。。

かな半切、何故か手本を見てたら

字の中に一つのうねり?流れ?を発見したようで。

お休みしてたのも、いい方向に向かえるかも。。。。。。。。。

f0159076_1239494.jpg
[PR]
# by yuuhou-ank | 2009-04-23 12:38 | ブラックゾーン

桜、桜

  さくら、さくら。  

お花見も、この寒さ。

どんなに元気な人も、桜と一緒に身震いしてます。

天気予報士さんも大変。番狂わせに、苦情の一声が有るかも。

f0159076_12413570.jpgf0159076_12443534.jpg

















f0159076_1245222.jpg


桜の枝をいただきました。

家の中で、花見しました。
[PR]
# by yuuhou-ank | 2009-03-28 12:48 | オレンジゾーン

大山崎山荘美術館へ

昨日、夜友人と急に京都行きを決め、

お天気も良好。

出発ーー。

JR山崎まで、切符を求め。

アサヒビール、大山崎山荘美術館へ直行。

以前から、行ってみたい美術館の一つでした。

山口晃の、作品。

亭主殿が、急逝しましてから、丁度同時に、

中日新聞に、五木寛之の、親鸞が掲載されるようになり、

新聞と言えば、まずは、亭主殿の生前中は、彼が端から端まで。

私目の手に渡るときは、、、、ずーーと後のこと。

毎朝、新品のさあっつーーと、新聞。

この、音に感動しつつ、親鸞のを見つけました。

親鸞の幼少期。

そして、その時代の京の街。

余りの、恐ろしい時代背景、

その、挿絵が、山口晃の作品。

親鸞が、比叡山での、修行の言葉には、天台宗の教本言葉の数々が。

朝夕の私目のお経本の中に出てまいります。

何故かって、我が家は、天台宗。

ちよっと、話がそれましたが、親鸞が、心のうち。

迷えば、その迷いを、挿絵上に。

乗り移ったような絵に、この画家は?と。

絵にもひきつけられました。

朝、目覚めると、新聞が気になり、今に至っています。

その、山口晃の作品、

最後の晩餐、というタイトルで、明智光秀が描かれてました。

ちょっと、おひょこな一面も。

この、大山崎山荘。天王山の中腹に位置してます。

f0159076_23122988.jpg

[PR]
# by yuuhou-ank | 2009-02-10 23:13 | オレンジゾーン
六ヶ月ぶりに畑に立ちました。

まずは、あちこちに クド石灰をまいて。

ずっと、古くから、倉庫にあった、消石灰も使い。

耕運機で、右往左往。

二時間たっぷりかかり、

今日は、これで、ヤ~メタ。

久しぶりなので、自分の体力にビックリ。

20キログラムのクド石灰なんて平気に運べたのに、どきっつ。

こんなに重かった?

年は取りたくない。でも、現実を認め。

ちょっと、目を横に。

椿、椿、。。。つ。ば。き。

咲いてる、さいてる。。。。。咲いてる。

今年も、この季節になりました。

ここに嫁いできてこの椿の花を観るのが至福の時間。

落ち椿も最高。

年を重ねても、こうありたい。

と、今日ほど思われました。

また、明日もぼつぼつ。f0159076_154612.jpgf0159076_155979.jpg
[PR]
# by yuuhou-ank | 2009-02-01 15:07

白い玉を追って

日曜日。

白い玉を追って、今年初めてのゴルフ。

雪、霰、ちらちら、ぱらぱら。

グループ、三組目で、私目のスタート。

メンバー、このグループ、最強ぞろい、

やるしかない。

熱い闘志がみなぎる。力の入れすぎ。

結果は、いつも同じ、散々、

ダブルペリア。ブービーメーカー。

新年早々。あーーーーーあ。

今日になっても、まだ、風邪、、、、、治らないよ、、、、、。

しかし、心は、いたって、元気。晴れ晴れ。むむむ、やせ我慢?

そうでもないい。

久々に、体を動かして、やっぱり、すっきり。晴れ晴れ。
[PR]
# by yuuhou-ank | 2009-01-14 23:15 | グリーンゾーン